MENU

ストレスは女性の薄毛に悪影響

あなたは日々の生活でストレスを溜め込んでいませんか?「会社への不満」「夫への不満」「子育ての疲れ」等々、これらは全てストレスの原因になります。ストレスは薄毛だけではなく、さまざまな病気の原因になる事もある恐ろしいものなのです。

 

そもそも、ストレスがなぜうすげの原因になるのかご存知でしょうか?おそらく知っている人は少数だと思います。そこでストレスがなぜ薄毛に繋がるのかを説明させて頂きたいと思います。

 

私達の体内には自律神経が分布されています。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で構成されています。そして、交感神経の働きは血管を収縮させることで、副交感神経の働きは血管を拡張させることです。

 

そして、ストレスが溜まり始めると交感神経が反応し出すのです。交感神経が反応するという事は、血管が収縮されるのです。では血管が収縮されるとどのような事が起こるのかと言いますと、「血行不良」です。

 

ストレスが原因で血液の流れが悪くなると、髪の毛に必要な栄養素が十分に運ばれなくなるので、髪の毛の成長が止まってしまうのです。そして、毛周期が狂い始めて、薄毛へとなってしまうのです。

 

ですから、日々の生活でストレスを溜め込んでいるのなら、ストレスを発散させるようにしてください。ストレス発散方法はジョギングでも読書でも温泉でも何でも構いません。

 

とにかくストレスを溜めないようにする事が薄毛対策として重要なのです。